77万円からできる不動産投資で安定収益をつくる方法
最近の記事

2010年02月20日

ベトナム不動産

ベトナム不動産

ベトナム不動産投資完全マニュアル 本気の海外投資シリーズ11

“ここにしか載っていない情報が満載”
日本初のベトナム不動産投資のマニュアル本です。












ハノイの大規模都市計画、ホーチミン市内の地下鉄開通など、
今後、大きく発展すると予測されているベトナム不動産への投資法を紹介!

■活況のベトナム不動産
ベトナム不動産という言葉を聞いて、「?」と思う日本人は少なくないと思います。事実、これまでベトナム株投資に関する情報を目にする機会は多かったと思いますが、 “ベトナムの不動産”となると、書籍などはもちろん、インターネットで情報を検索して探し出すことさえも難しかったと思います。 このように、日本ではまだまだ影の薄いベトナム不動産ですが、実際、現地ではどうかというと、韓国やシンガポール、米国(特に機関投資家)やUAEやロシア、北欧諸国など、各国入り乱れての不動産争奪戦が展開され、不動産投資が活発に行われています。

■ベトナム不動産の魅力
世界的な投資資金の過剰流動性やアメリカを中心とする先進国の景気減退感から、先進国に代わり世界経済を牽引すると期待されている新興国ですが、現在、その中のメンバーであるベトナムは投資対象国として脚光を浴びています。株式市場への流入はもちろんですが、不動産マーケットへも大量の資金が流入しています。ベトナムの不動産市場が魅力的な理由として、以下のものが挙げられます。
◎急激かつ堅実な経済成長を続けている ◎国内消費市場が活発になりつつある ◎政治的、宗教的な対立がなく安定した統治 ◎不動産の収益力が高い ◎まったく満たされない不動産需要 ◎空室率の低さ ◎ベトナムへの訪問客の急増

■ハノイとホーチミン市が中心
各国から注目されているベトナムですが、国内全域で不動産マーケットが形成されているわけではありません。現時点では、首都であるハノイ周辺とベトナム最大の商業都市であるホーチミン市周辺の2大マーケットとなっています。 ハノイでは、「ハノイ市拡大計画」に伴い、大型開発案件が目白押しです。例えば、ホアラックハイテクパークプロジェクトがあります。ここは、ベトナム最大のIT拠点となる予定です。ハノイの注目のエリアとしては、ホアンキエム区、ハイバーチュン区、バーディン区などが挙げられます(詳しくは本書にて)。 ホーチミン市ではベトナム最大の商業都市としての存在感が増大。ヒト・モノ・カネが集中しています。海外からの不動産投資も盛んで、不動産投資のチャンスが多く存在しています。ホーチミン市の注目エリアとしては、1区、2区、3区などが挙げられます(詳しくは本書にて)。

■ベトナム不動産にまつわるすべての情報を網羅
不動産投資には、物件を購入するという直接投資以外にも、株式市場を通じて不動産セクターに投資する方法もあります。 さらには、ミニホテル事業やレンタルオフィス事業など、ビジネスの一貫として不動産を利用するモデルもあります。 本書では、上記にお話したことだけではなく、法律や税制の話、日本人にも可能な物件情報の収集から契約までの話など、ベトナム不動産にまつわる情報を余すことなく紹介しています。

【本書の主な内容】
◎ベトナムの急成長を期待できる理由を解説
◎ベトナム不動産マーケットの最新トレンド情報を紹介
◎ベトナム不動産投資に適したホットエリア情報を紹介
◎物件情報の収集から契約までの一連の流れを紹介
◎ベトナムの複雑な法律や税制についても解説
◎ベトナムでの物件選びのポイントを解説
◎不動産銘柄への証券投資やファンド投資についても紹介
◎ミニホテル事業などの不動産にまつわるビジネス投資についても紹介
◎ベトナム不動産投資のリスクについても解説
【本書を読んでほしい人】
◎日本の不動産投資では収益を上げにくいと思っている方
◎インカムゲインとキャピタルゲインの両方を狙いたいと思っている方
◎多少のリスクがあってもチャレンジできるベンチャー精神を持っている方
◎ベトナムに将来住んでみたいと思っている方
◎ベトナムで事業を興したいと考えている方

目次
はじめに

第1章 いよいよ本格的な成長期が目前! ベトナムの概要とポテンシャル
ようこそ、魅惑の成長国ベトナムへ!/ベトナム人の目に見えない原動力の存在〜被支配と戦乱の歴史〜/ベトナム戦争後に迎えた大きな転機とは?/ベトナムの概要を知ろう/急成長を予期させるこれだけの理由【コラム】つい応援したくなる!?〜フラッグキャリアベトナム航空

第2章 ベトナム不動産マーケットのトレンド
ベトナム不動産4大マーケットとは?/ベトナム不動産マーケットの最新トレンド/ハノイ〜2010年に遷都1000年を迎えるベトナムの首都〜/ホーチミン市〜ビジネスなら南部!ベトナム最大の商業都市〜/2008年不動産市場暴落の背景 【コラム】物流拠点および観光地としての重要都市〜ダナン

第3章 ベトナム不動産投資-知っておきたい基礎知識
複雑かつ未熟な法制度/外国人は不動産を買えるのか?/不動産にまつわる3つの法律/ベトナムで現在主流の投資法とは?/魅力の薄い税制度/その他不動産にまつわる法関係 【コラム】外国人を魅了するベトナムの民族衣装〜アオザイ【コラム】ベトナム人との結婚はもう常識?!

第4章 ベトナム不動産に直接投資する!
インターネットで情報を集めよう/とにかく現地へ行ってみよう/物件を見つけた!契約から送金まで/物件をチェックするポイントとは?/ベトナム不動産のホットエリアはここだ! 〜ハノイ編〜/ベトナム不動産のホットエリアはここだ! 〜ホーチミン市編〜/ドンナイ(Dong Nai)省ニョンチャック(Nhon Trach)区【コラム】ベトナム人との交渉術〜そのポイントとは?【コラム】ベトナム人のプライバシー感覚にビックリ?!

第5章 ベトナム不動産の投資スタンスとシミュレーション
コンドミニアム物件への投資/デベロッパーによる不動産開発型投資/具体的な物件(コンドミニアム)紹介/具体的な利回り計算をしてみよう 【コラム】不動産収益性の計算方法を知ろう

第6章 株式投資を通じてベトナム不動産に投資する!
急成長国の王道セクターを狙え/証券会社の選定をしよう/ファンドを通じてベトナム不動産に投資する 【コラム】新興国投資のフロンティア〜モンゴル不動産ファンド

第7章 不動産を利用したビジネスへ投資する!
供給が追いつかない!・・・ミニホテル事業/増大する外国企業の流入・・・オフィスレンタル事業/外国人定番の娯楽・・・ラウンジ事業/ますます勢いを見せる工場進出!・・・レンタル工場事業 【コラム】ベトナムのおすすめ飲食店はココ!

第8章 ベトナム不動産投資に関するリスクと考え方
新興国リスクに対する考え方/不動産バブル崩壊のリスク/不動産にまつわるその他のリスク/ベトナム全般に掛かるリスク/意外に安心?! ベトナムに対するリスク意識

参考文献
おわりに

はじめに
私は2006年、初めてベトナムへ足を踏み入れた時以来、ベトナムの輝く未来を確信してきました。そして、その輝く未来へ投資する意味も込めて、ベトナム株へ個人的に投資を始めました。それから、自社でファンドを設立し、より突っ込んでベトナム株への投資を行いました。

株式へ投資している以上、情報収集は欠かせません。実際に企業訪問なども行い、生きた情報集めにも努めました。しかし、いくら情報収集しても株価の変動を予測するのは難しく、またボラティリティ(変動率)も高いため、株式投資はまさにハイリスク・ハイリターンとなっているのです(もちろん、株式投資は駄目だという話ではありません。ベトナムでは株式投資も大変魅力ですのでこれからも続けます。決して株式投資に関して悲観的な話というわけではありませんので誤解のないようお願いします)。そして、何より、株式投資はあくまでも株券という紙切れへの投資にすぎないのです。

そこで、「もう少しボラティリティの低い、そしてもっと目に見える投資はないものか?」と考え、ベトナム不動産投資に目をつけたのです。

ベトナムの発展要素はすでに十分理解していましたので、不動産市場の基礎的な部分についてはすぐにクリアしました。それからは、実際に現地へ足を運び、コンドミニアム、オフィス、リテール(商業物件)、ホテル、そしてリゾート物件までさまざまな現場をこの目で見て肌で感じました。そこで得た答えは、

「そこに実物物件(物件実物)があり、実需がある」

ということです。

まず不動産物件は現地に行けばそこに物件があり、自分が納得いくまで、穴があくほど見ることができます。また、不動産は建設された時点で何の用途に使用されるかもほぼ決まっています。あとは立地や相場、人口動向あるいは都市計画などを調べれば、その土地や物件に「どのくらいの価値があるか?」がわかります。

また、発展途上にあるベトナムには、人間の根本的欲求「衣食住」のひとつである「住」に対する実需があるのです。事業計画が実行される保証もなく、しかも他人の経営力に大きく左右される株式への投資とは違って、用途が決まった不動産がそこにあり、その用途を満たす実需があるベトナムでは、その価値についての判断は、株価を判断するよりはるかに容易なのです。

こういった点が株式投資と大きく違うことに気づいた私は、ベトナム不動産の魅力を再認識しました。これがベトナム不動産投資に取り組んでいる理由です。

本書は、私のベトナム現地での体験を中心に、ベトナム不動産のポテンシャルを感じていただけるよう、投資家の方々に読みやすく、また親しみやすく感じていただけるような構成でまとめ上げました。個人投資家からベトナム進出に関心のある企業の方まで、幅広く読んでいただければ幸いです。

また本書には信頼できる現地関係機関からいただいた貴重な情報がふんだんに盛り込まれておりますが、ベトナム現地では日々発展成長する過程でさまざまな法改正やルール変更が行われています。

そのため、読者の皆様がお読みになった時点では内容が異なる場合が生じる可能性もありますことをあらかじめご了承ください。 ベトナムの最新情報につきましては、以下のサイトにてご提供していきますので、定期的にチェックしていただきたいと思います。


posted by 物件査定4時間セミナー at 08:48| ☀| ベトナム不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダメ投資家が100万円で不動産投資に挑む! その行方は…

ダメ投資家が100万円で不動産投資に挑む! その行方は…



一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った まりおの恐る恐るの不動産投資
posted by 物件査定4時間セミナー at 08:46| ☀| 物件査定4時間セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたの知らない不動産屋のマル秘テク

あなたの知らない不動産屋のマル秘テク

DVD 帰ってきた! あなたの知らない不動産屋のマル秘テク



DVD 帰ってきた! あなたの知らない不動産屋のマル秘テク

不動産はいま、本当に買い時なの?
今の不動産市場は? 30年の経験でコッソリ語る、本音話。

こうしたことが気になったことはありませんか?
この通信講座ではこれらの疑問、全てにお答えします。

○ 不動産の価格は本当に下がっているのか?(なぜ下がっているのか?)

○ 今の状況でどうやって価値以上に下がっている物件を見つければいいのか?

○ 割安な物件を買うために、不動産業者の業態を利用する戦略とは何か?

○ どうやって仲介業者を見方につければいいのか?

○ プロはどのように、物件情報を読んだり調査しているのか?

○ 不動産業者の物件購入方法って、どんなテクニックをつかっているのだろう?

○ 最近聞かなくなった競売がどうなっているのか?


サブプライム問題以降、世界的な影響の余波を受けて、不動産価格が下落していると言われている、まさに「今」だからこそ知りたい内容が本当に満載の通信講座です。

山邉氏は不動産事業家である一方、不動産投資家としての一面もお持ちです。都内で利回り20%超の物件も所有されています。

今回も不動産投資家として、物件情報の読み方や調査、購入にいたるまでの経緯や注意点はもちろんのこと、前回参加者のみなさまもお待ちかねかねの競売の最新情報なども語っていただきます。

前回のご講演の際にも抜群のアンケート評価で大好評を頂いたこの通信講座。

1年半のスパンを経て、今回も盛りだくさんの内容でお届けいたします!


仲介業者の心理を知れば、交渉が有利に
不動産の売買は、人を介して行われるという他の投資とは違った特徴があります。では、私たちが不動産を買いたいと思ったときに相手にするには一体誰でしょうか?

「売り主」と思われる方も多いかと思います。確かに相手が個人か、法人かによって対応の仕方や交渉の戦略も変わってくるかと思います。

でも、私たちと直接に相対し、売り主に私たちの意見を伝え、直接に交渉してくれるのは「仲介業者」 です。

売り主相手に交渉をしているとしても、彼ら「仲介業者」の発想、考え方がフィルターとして作用してしまう面はさけれらません。

だからこそ、仲介業者の心理を知り、彼らを味方につけることが必要なんです。

どうして上手く彼らに意志が伝わらないのか、ともどかしい思いをされたこともあるのではないでしょうか?それは彼らの前提条件を知らないからなんです。

彼らが、今の市場をどう読んでいるのか。そして、どういう戦略をとることが最適と考えているのか。こうしたことを知ることで、それにあった言い方をして、彼らを味方につけることができます。

仲介業者が一体、どんなことを前提にしているのか。これを知ることで、

○仲介業者の前提に沿って交渉することで、交渉案に納得した彼らの自身が値引き交渉などを行ってくれる。

○彼らの前提を知ることによって、不動産投資をよく知っている買い手として認識され、交渉のやりやすさがアップする。

などなど、たくさんのメリットが生まれます。

人を介した売買だからこそ、私たちの交渉のパートナーである彼らは今、何を考えているのか。このあたりの本音も充分にお話しいただきます!


今だからこそ買うべき不動産の選択方法
不動産の価格が下がっているとしても、それにより全ての業者が影響を受けるわけではありません。

例えば、賃貸価格は、現在の所、それほど大きな下落は起こっていません。この場合、【賃貸】を前提にしている業者に交渉をしても、「それなら売りません」の一言で終わってしまいます。

つまり、不動産の価格が下がる=買いではなく、どの業態なら買いなのかというもう一歩進んだ知識が、良い物件を購入するポイントです。

さらには、下がるべくして下がっているエリアと、価格下落のあおりを受け、適正価格以上に下がってしまっているエリアの判別というのも大きなポイントです。

例えば、価格が「下がっている」としても、次の3つのパターンが考えられます。

・ 適正な価格で下がっているもの
・ 適正な価格以上に下がりすぎなもの
・ 適正な価格よりまだ高く、これからも下がるもの

だからこそ、自分が物件購入しようと考えているエリアが、この3つのどこに該当するのか、自分で判断する術をお話しいただきます。

買うべき業種の傾向性と買うべきエリア。
この話だけでも相当の価値生まれると思います。

さらに、個人家にとって気になる部分が、「銀行の融資が厳しい」、「融資に対する引き締めが行われている」という話です。

今回の通信講座では、こうした最新の状況をお話いただいた上で属性別のによる購入方法もお話しいただきます。

これまでに不動産を買ったことのない人、既に物件を持っている人など現在の市場に合わせた戦略をお話しいただきます。


こんな方にオススメ!

* 今の不動産相場を読み解きたいと思う方
* 仲介業者の考え方を理解したいと思う方
* 現在の不動産業者の状況を理解したいと思う方
* 不動産業者のマル秘テクを知りたい方!

収録内容
・仲介業者の発想法
・みんなが「今は売り」と思っているからこそのチャンスとは
・購入すべきエリアの見分け方

第一部 不動産業者の本音
第二部 市況戦略
・不動産融資の状況
・属性別購入戦略
・ディベロッパーと仲介業者
・その購入戦略の違い
・競売の現状

第三部 質疑応答


講師紹介
講師:山邉 浩(やまべひろし)氏
・不動産投資家
・リック住宅センター代表

昭和30年6月生まれ・東京都出身。
高校卒業後、不動産業界に入る。20歳でリック住宅センターを設立。不動産投資物件と、それらの賃貸募集業務を中心に、現在は不動産投資達人への道というタイトルで出版のために執筆中である。(出版社未定)不動産仲介業を営むかたわら、不動産投資家としての一面もあり、現在数多くの不動産物件を所有し、管理も行っている。週間全国賃貸新聞にも度々掲載され、テレビ朝日「タモリ倶楽部」平成16年10月8日放送分へも出演。
山邊さんからのメッセージ
個人投資家にとってはここが重要です。本来の価値からすると、間違って売りに出された部分を判断して、購入するのが買うのがポイントです。

また、エリアの特性としても、今売り出すべき地区じゃないのに売りの心理につられて、売っている地区があります。

そうした場所を判断し、買うというのが2つめのポイントです。
posted by 物件査定4時間セミナー at 08:45| ☀| 物件査定4時間セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたの買おうとしているマンションの値段が、

あなたの買おうとしているマンションの値段が、

あなたの買おうとしているマンションの値段が、
上がる可能性がどの位なのか?
下がってしまう可能性はどの位なのか?
統計的に判断できるようになるとしたら、
あなたは、マンション購入において、
どれだけ有利になることができるか、想像できますか?

マンション投資には、リスクを減らす大切な原則があります。
これを知っているか否かで、こんなに結果が違ってしまう。
その事実を、あなたにも知ってもらいたい。
DVD 不動産投資・いつまで上がるか? どこが上がるか統計で判る投資法


瀬川 「柴田さん、これ本当ですか?」

柴田さん 「驚くような事実だけれど、実績に基づいた本当のことだよ。」

瀬川 「これじゃ、この地域のマンション買っちゃったら、
あと、値段上がりまくりじゃないですか!」

柴田さん 「確率は高いし、実際に、セミナーの後 値上がりしている地域が多いよね。
統計的にそういう流れにあることを、
きちっと知った上でマンション購入するのと、
なにも調べないで買ってしまうのとでは、
人生のゴールが全く違う事になってしまう可能性が
大きくあるだろうね。」

瀬川 「こっちの地域のマンションを、この方法で買ってしまったら、
家賃収入も下がっていく可能性が高いし、
しかも、物件の値下がりリスクは、かなり大きくなりますね。」

柴田さん 「この点を、知らないで物件を買うなんて怖くて出来ない。
知らないで買うなんて、あてずっぽに馬券を買うような感じかな。
知っていれば、遥かに値下がりリスクを減らすことが出来るよね。」

瀬川 「キチンと調べて買いさえすれば、20●●年には
キャピタルゲインさえ狙えますね。」

柴田さん 「そうだね。統計的に有利だし、実際に上がっているしね。」

瀬川 「マンション投資って、統計的に分析することで、
こんなにもリスクをコントロール出来るんですね。
凄く意外でした。

ちなみに、このセミナーって
マンションを投資用に買う人向けのセミナーだと思うのですが、
そういう理解であってますか?」

柴田さん 「基本的には、マンションを投資用に購入する人向けに、
このセミナーは作ってあります。

でも、自分で住む為にマンションを購入する場合でも、
値下がりリスクを極力低下させるとか、
賃貸に出すときに より高い賃料で貸せるようにするとか、
担保価値・資産価値を、孫の世代に渡って維持できるようにするとか、
チェックすべきポイントは、投資用に買う場合と同じだよね。

自分で住む為にマンションを買おうとする人は、
この点の勉強が充分で無い人が多いから、そういう人こそ、
このDVDで、大きな金額を 得することが出来るだろうね。

また、嬉しかったのは、株で生活している個人投資家や、
会社を経営している人達からも、
多くの気付きがあったとの感想を、沢山もらったことだよね。」

瀬川 「このポイントをキチンと押さえることで、
将来、どんなことが起きても対応できる、
安全な不動産購入が出来るようになりますものね。

あと、個人投資家の方や、経営者の方の声は面白かったですね。
確かに、このポイントは、株式投資や、今後売れる商品を考える
時に、メチャメチャ役にたちますから、その辺が、個人投資家や
経営者の方に、凄く喜んでもらえたんでしょうね。」

(瀬川からの補足)
柴田さんは、講師経歴紹介にも書いてあるとおり、
不動産投資家でありながら、株式投資についても
相当の知識とパフォーマンスを上げる実践投資家でもあります。

また、自ら10数億円規模のビジネスを10年にもわたり経営して来た
ビジネスオーナーでもあり、経営学にも精通している人です。

その、全体を見る目から不動産投資を見て、
単なる不動産投資家とは 明らかに違ったものの見方を、
提供しているところが、このセミナーの面白いところでもあります。



マンション購入のリスクは、大幅に減らせる。
あなたは、マンション投資のリスクを、統計数値を使うことで
大幅に減らすことが出来ることを知っていますか?

なぜなら、国立社会保障・人口問題研究所が提示している
公的なデータを元に分析をすることで、
将来のことが、かなり判ってしまうからです。

統計的に、将来起こることがある程度推測できるとしたら、
その事実を知っていてマンションを購入するのと、
まったく、その事実を無視してマンションを購入するのとで、
どのくらい、差が生まれてしまうか、想像できますか?

申し遅れました。
私は、(株)トレジャープロモートの代表取締役をしております、瀬川と申します。
数々の個人投資家の方をプロモートする会社を経営しております。

その仕事の中でも、今回お届けできる柴田先生のセミナーは、
非常に価値の高いセミナーであることを断言します!

なぜなら! このセミナーで公開されている内容は、
これからマンションを購入しようとしている『あなた』に、
大幅に有利なマンション購入を実現させてくれるからです!

これから、自分が住むために、マンションを購入する あなた。
これから、初めて個人投資家としてマンション投資をする あなた。
その、あなたに、不動産投資の『達人』の知恵を、オスソワケ致します。



セミナー講師紹介
このセミナーの講師であり、
若くして、不動産投資により セミリタイア生活を手に入れた
実践不動産投資家である柴田氏の略歴はこちらです。

講師/柴田 博人

* 東京在住の1968年生れ
* 建築工学科卒業
* ビル、住宅を飛び込み営業で販売する地道な営業経験
* 建設不動産会社による経営経験と豊富な実績
* 経営する会社にて、元請として土地を仕入れ、東証1部上場会社を下請会社とし 分譲マンションを企画・販売するデベロッパー業務などの豊富な経験
* 日本で一番有名なマンションシリーズの土地の仕入れ・設計・管理・施工を監修
* 一般投資家向けに、投資用不動産の提案営業・企画・設計・管理・施工を経験
* 建築不動産業界に莫大な時間とお金を投資してきた豊富な経緯
* 株式投資・債券投資を世界規模で実践している
(アメリカ・イギリス・ロシア・中国・ブラジル・インド・その他)
* 現在は、自ら投資用不動産を複数所有し、多くの不動産収入を得ている実践投資家
* 主夫として育児にいそしむ傍ら、教育分野にも事業展開
* 経営コンサルティングを行いながら複数の会社の役員を兼任

所有している主な不動産物件

* 4年で資金回収出来る不動産物件
* 売買価格も家賃も上がっていく不動産物件
* タダで建築物の建て替えるが出来る不動産物件
* 家賃競合の無い不動産物件
* 市場流動性のあるプレミアム不動産物件
* 震災で倒壊しても損しない不動産物件 (この物件は、当セミナーにて紹介されています)
* その他複数の物件所有

マンション購入の世界に、統計的優位性を持ち込んだ、
革新的なセミナーの その中身とは?

政府諮問機関である、国立社会保障・人口問題研究所が提示している
マクロ統計数値があります。

このマクロ統計数値を分析すると、不動産地価の将来の上下が、
分析結果の向こうに透けて見えてしまいます。

国立社会保障・人口問題研究所をはじめとした、多岐に渡るあらゆるデータを
専門家である柴田氏が、現場の現状に基づいた経験から膨大な時間を掛けて
分析した結果であり、ただ数字を羅列した内容では決してありません。

それが、このセミナーでは全て公開されているんです。
しかも、市区町村レベルで。。。
しかも、購入するタイミングまで公開されています。
しかも、売却に有利なタイミングまでもが、統計的に説明されています。

この情報を持った状態で、マンション投資を行えるの あなたと、
この情報を知ることが出来ないままにマンション投資を行う あなたと
どちらが、あなたの望ましい将来の姿ですか?


このゼミナーDVDを見ることで、下記のことが理解出来るようになります。

1. 為替や金利によって不動産価格が影響を受ける事が理解出来ます。
2. どの時期に、投資用物件を買って、どの時期に物件を売れば良いかという
入り口戦略と出口戦略をズバリ紹介します。
3. また持ち続ける場合には、何が重要なのかも理解出来ます。
4. ある先行指数によって今後の不動産価格の動向を
予測する事が出来たという検証を紹介します。
不動産価値の将来予測が出来るかも知れません。
5. 東京と地方の不動産トレンドを知る事が出来ます。
6. 今後、優位性のある地方都市をズバリ紹介します。
7. 今後、優位性のある首都圏のエリアをズバリ紹介します。
(東京のどの地域が統計的に有利なのかが、具体的に示されています)
8. 不動産における価格決定のメカニズムが理解できます。
9. 私と私の仲間が所有する厳選に厳選を重ねた
成功するための物件をズバリご紹介します。
(情報を持っていることで、ここまで有利なマンション購入ができるという事例)

マンション投資をするにあたって、一千万以上の投資成果の差が
出るかもしれない、この情報に、
あなたは、いったい幾らの値段をつけますか?

そして、その情報の価値を、ご自分の目で確認してから、
代金を支払うかどうか決めることができるとしたら、
あなたは、どうしますか?

数千万円というマンション投資の世界で、
なにか一つでも、投資の為に参考になることがあれば、
3万円はまったく安いものでしょう。

だって、もし、プロの不動産投資家なら当然知っている情報を、
あなたが知らないまま物件を購入してしまったとしたら。

それを購入した後に知ることになってしまったとしたら。
あなたは、その悔しさを解消することに幾らの値段をつけますか?

もしかしたら、500万円かけても、
その「知らなかった。しまった。」という状態を解消したいと願うかもしれません。

それだけ、世の中、「知らない」ということのリスクは高いのです。

もしDVDを購入する勇気が湧かなくて、
このDVDを見てさえいたら 簡単に回避できた失敗に、
多くの個人投資家が陥ってしまうかもしれないと思うと、
私はたまらなく悔しいんです。

日本の個人投資家は、もっと賢く立ち回る必要があります。
良質な不動産業者を選ぶ力を付けるべきです。
データを調べたら、当然にわかってくる不利な投資を、
見極める力を付けるべきです。

それが、日本の不動産業界を育てると思っています。
もし、この情報を確認しなかった時の、
「知らずに過ごしてしまったリスク」を感じて欲しいのです。

是非、この情報を確認してください。
そして、あなたが この情報の是非を評価してください。


当セミナーに参加してくださった方々の感想を一部紹介します。

E.N さん ここまで具体的に教えてもらえるとは思っていませんでした。驚いています。特に将来の予測など、根拠がとても明確でわかりやすかったです。
U.M さん 具体的なデータに裏づけされた内容が良かった。各種統計データがあるので説得力があった。
また、不動産の出口戦略も明示している点が他のセミナーにはない点だと思います。
K.N さん 今後、日本がどういう方向へ向かい、どこへ投資すべきかが良くわかった。
R.K さん まったくの素人の自分にも不動産投資というのはどういうものか、どんな見方をするのか、などをイメージする事が出来た。
K.K さん 都市ごとの人口動態が聞けて具体的でより良かった。
R.K さん 不動産以外の資料なども多く、興味深かったです。日本内の地域を限定するなど、具体的な地域別の価値が見えて良かった。
H.M さん 自分もリタイヤするというモチベーションをあげる事が出来ました。
Y.K さん 専門家であるにもかかわらず、難しい用語を使うことなく大変わかりやすいセミナーをしていただいて良かった。どうしてそうなのか、という理由が大変明確ですばらしかった。楽しくリラックスしたセミナーで良かった。
今回のセミナーの内容
柴田博人氏の不動産投資に関する理論は、
以下の6つのフレームワークから構成されています。

1. ミッション (目的)
2. マーケット (環境)
3. ツール (道具)
4. テクニック (技術)
5. イグザンプル (経験)
6. プラクティス (実行)

今回のセミナーでは、マンション投資をするにあたって、
「これだけは絶対知っていたほうが、お得!」という部分を
全体像のなかから、更に厳選して、お届けしております。

今回のセミナーでは、
上記に示された6つのフレームワークのうち、
下記に示された部分について公開されています。

不動産投資 6つのステップ 〜約束された成功〜
◇ミッション

【戦略】
目的に沿った投資戦略を構築します。
不動産投資は株や債券の投資に比べて
スイッチングスパンが長いという特色があります。

その特色の優位性としては一度権利を取得してしまえば
継続的に恩恵を受ける事が出来るという要素を持っています。

例を上げると賃貸で貸し付けた場合、入居者が短期間で退去を迎えるケースは
少なく平均的にも年単位での恩恵を受け続ける事が多い実情があります。

一方、劣位性としては戦略のミスや想定範囲を超えたアクシデントに対し
対処できるスピードが株や債券投資と比べて遅いというデメリットがあります。
よってその劣位性をカバーする戦略構築を十分に行う必要があるのです。

よって入り口戦略や出口戦略、脱出戦略などは
投資を行う前にプランニングしておく必要性があります。

◇マーケット

【エコノミクス】
・投資自体がエコノミクス(経済)と切り離せない前提があります。
ここでは不動産投資におけるポイントとなる経済知識を理解し
活用することをポイントとおいています。

具体的には為替や金利が不動産に
どの様に影響を及ぼすかが概念的に理解出来ます。

【トップダウンマクロ】
・マクロとは大きいという意味で経済用語としても広く使われています。

日本全国の不動産を全体から考察し
今後発展していくであろう地域をトップダウン方式で精査していきます。

具体的には日本の中でどこに不動産投資をしていけば良いかの
指針となる考え方が身につきます。

【ボトムアップミクロ】
・不動産は2つと同じ物件は無いと言われています。ここでは個別物件をミクロの観点で調査・区別します。

また目的にあった不動産を選定する方法をポイントとしています。具体的に物件を調べる方法が身につきます。

◇イグザンプル

【スピード】
投資資金回収率の良い物件の実例を紹介します。

【バリュー】
現在及び将来において価値が存続しうる可能性の高い実例を紹介します。 DVD 不動産投資・いつまで上がるか? どこが上がるか統計で判る投資法
posted by 物件査定4時間セミナー at 08:43| ☀| 物件査定4時間セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
倉橋隆行の5億をつくった猛者から学ぶガチンコ物件査定セミナー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。