77万円からできる不動産投資で安定収益をつくる方法
最近の記事

2012年10月20日

投資物件査定方法の3原則とは?

投資物件査定方法の3原則とは?

4時間みっちり学ぶ、これから不動産投資をしようという、 不動産投資の全く初心者のあなたのための講座です。

倉橋先生は20歳のとき、サラリーマンで400万円からはじめて、
資格取得の際に学んだ知識を用いて、数々の不動産を取得し、
現在、5億円以上の資産を持ち、いくつもの不動産関連会社を経営されている成功者なのです。


◆このセミナーに参加してわかるようになる知識の一部を挙げると・・・
・投資物件査定方法の3原則とは?
・不動産投資におけるキャッシュフローの原則とは?
・絶対に抑えておくべき不動産投資指標を学ぶ
DCR(Debt Coverage Ratio)、LTV(Loan To Value Ratio)、キャップレート、キャッシュフロー、収益分岐率、資本回収期間、 K%(Loan constant)
・驚異の具体的キャッシュフロー分析の仕方とは?
(1) 不動産購入時のコスト
(2) 総潜在収入
(3) 実効総収入
(4) 運営費
(5) ADS(ローンの年間返済額:アニュアル・デット・サービス)
(6) 売却時予想利益の算出
(7) 正味売却益

このセミナーにより、あなたの買おうとしているその物件が、収益物件なのか、
それとも今後恐ろしい損失を生み出す可能性のある物件なのか、
自分でその価値を算出することができるようになります。
posted by 物件査定4時間セミナー at 06:58| 北海道 ☔| 物件査定4時間セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
倉橋隆行の5億をつくった猛者から学ぶガチンコ物件査定セミナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。